文部科学省「日本語教師養成・研修推進拠点整備事業」の委託を受け、福岡女子大学を拠点校として、九州・沖縄地域の日本語教師養成課程をもつ大学・大学院、日本語教師養成機関、日本語学校、自治体、国際交流協会、NPO 等団体、経済団体、教育委員会等をつなぐ「日本語教師養成コンソーシアム九州・沖縄(Kyushu Okinawa Consortium for Japanese Teacher Training /九州・沖縄 CJTT)」を組織します。


新着ニュース

2024.07.16 


2024.06.20 

ホームページを開設しました


2024.06.14 


開催予定のイベント







本コンソーシアムの趣旨

 現在、九州・沖縄地域では、多くの大学や機関で日本語教師の養成が実施されています。日本語学習者の増加やニーズの多様化を背景に、これまで以上に多様かつ専門的な日本語教育が必要とされる中、これらの日本語教師養成機関がお互いに連携し、九州・沖縄地域において、地域の偏りなく質の高い日本語教師を輩出していくことが求められています。慢性的な日本語教師不足が問題となる中、日本語教師養成機関と日本語学校との間の需給のミスマッチを解消することも喫緊の課題と言えます。


 また、人口減少を背景とする労働力の外国人依存が進む九州・沖縄では、在留外国人との共生社会の実現に向け、自治体や国際交流協会、NPO、経済団体、教育委員会などが、それぞれのニーズに応じた日本語教育の提供を模索しています。日本語教育の知見をもった専門人材がそれぞれの場で活躍できるよう、日本語教師養成に関わる機関と緊密な連携をとることも、九州・沖縄地域の課題解決のためには重要だと考えます。


 これらの問題意識の下、本コンソーシアムでは、日本語教師の養成や研修を担う高度な専門人材の育成、九州・沖縄地域のニーズに応じた養成・研修を行う人材の育成・確保を目指し、研修会や情報交換会などを通して、各機関が抱える課題や好事例の共有を行います。また、自治体や経済団体を始めとする参画機関の協力の下、地域が求める日本語教育人材についての各種調査を実施します。さらに、九州・沖縄地域の実情も踏まえながら養成課程修了者の就職支援を始めとするキャリア形成・キャリアアップにつながる取組を模索します。


ご挨拶

コンソーシアム代表 

 

福岡女子大学 国際文理学部 准教授 

橋本直幸 HASHIMOTO Naoyuki

 このたび、文部科学省の「日本語教師養成・研修推進拠点整備事業」の委託を受け、福岡女子大学を拠点とする「日本語教師養成コンソーシアム九州・沖縄」を組織することとなりました。

 日本語教育を取り巻く環境が目まぐるしく変化していく中、大学や日本語学校、自治体、経済団体、NPO団体など、垣根を超えたネットワークの構築が必要とされています。九州・沖縄地域は、1989年に組織された九州日本語教育連絡協議会(九日連)を基盤とする強固な日本語教育ネットワークが既に存在しています。日本語教育を取り巻く環境は当時とは大きく変わりましたが、九日連が培ってきた九州・沖縄の結び付きを大切にし、更なる課題に対応していくための連携をサポートする立場として努めて参りたいと思います。


日本語教師養成コンソーシアム九州・沖縄(CJTT九州・沖縄)事務局

〒813-8529 福岡市東区香住ケ丘1₋1₋1 福岡女子大学地域連携センター

TEL:092₋692₋3193